読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

powercuisine’s blog

メタボを気にせず食ったもの、飲んだもの、出逢った人々のこと。 そして、人生の悲しみ、喜び、なんてことないこと。

縁日の焼きそば

秋祭りのシーズンである。

縁日屋台を見かけるのだが、どうも納得いかないことがある。

それは、価格の話。  焼きそば1パック=500円なんてのがザラにある。

 

そもそも、焼きそばの原価なんて、50円もしないように思える。

1.8リットル入った業務用ソースが、500円強。f:id:powercuisine:20160916092524j:image

 麺だってスーパーで買う3食入りでさえ100円前後なのだから、1食20円前後のはず。 加えてキャベツと少量の肉などなど。 ごう合算しても1食50円程度だから、50円のものを500円で売っていることになる。

最近の縁日は、競争も激しいのか、他店と差別化するために、「うちのは超大盛り」と謳い価格は500円で据え置く。 量の割には安いだろ・・的な作戦。

しかし縁日に来ている客は、焼きそばも食べたい、たこ焼きも食べたい、お好み焼きも食べたい・・・。 だから、量は半分でよいから価格も半分の250円の焼きそばが欲しいのである。 なぜ、価格戦略に打って出ないのだろうか。

あるいは、たこ焼き・お好み焼き・焼きそばを少量づつセットにしたりしないのだろうか。テキヤさんにも経営努力を求めたい今日この頃である。