powercuisine’s blog

メタボを気にせず食ったもの、飲んだもの、出逢った人々のこと。 そして、人生の悲しみ、喜び、なんてことないこと。

ゴールデン街

新宿で飲んでいたので、久しぶりにゴールデン街に行くこととなった。

実に懐かしい。

昔通っていた店は「DAIJIN」という店で映画関係の方が集まり、

夜な夜な映画談議をしていた。

近くでボヤ騒ぎがあり、その影響で閉店してしまった。

それ以来、寄り付かなかった街だ。

今のゴールデン街は、実に外国人観光客が多い。

ゴールデン街の料金体系は、バーと同じで、チャージ1000円程度(ない店もある)、

一杯1000円近辺(店によっては6~800円程度の場合も)。

「出窓」という店に腰を落ち着け、飲んでいると、外国人が良く立ち寄る。

都度、英語のメニューを見せ、COVER CHARGE ¥1,000 + ドリンクの値段表

を見せると、たいていの外国人観光客は、帰って行ってしまう。

日本ではチャージはとるけど、チップは取らない。

チップは払うけどチャージは払わない外国人の文化が、よくわからない。

激安なのに本格中華

前菜代わりに、青梗菜と干し貝柱の炒め物

f:id:powercuisine:20180326164351j:plain

エビチリ

f:id:powercuisine:20180326164410j:plain

黒酢の酢豚

f:id:powercuisine:20180326164425j:plain

この間に、小龍包 (写真取り忘れ)

 

タラバガニ入りのチャーハン

f:id:powercuisine:20180326164439j:plain

サンラータン麺

f:id:powercuisine:20180326164452j:plain

で、しめて2,340円。 お安い!

100年のバー

f:id:powercuisine:20180226141402j:plain先週の金曜、銀座のとあるバーに行ったら、こんな張り紙。

創業100周年とは、すごいバーである。

それは、大阪・京都・東京を中心に展開(?)している「サンボア」というバー。

 

ロボットレストラン

f:id:powercuisine:20180220090236j:plain

 

秋葉原でロボットレストランの宣伝カーを見かけた。

昔は幅広で有名なハマーがロボットを牽引して宣伝していたので、派手に感じたが、

なんか少し寂しくなった感が強い。

 

ところで2012年にオープンしたロボットレストランは総工費100億といわれていた。

1回のショーで1人8000円。1回80人入場で3回のショーがあるので、240人。

240人×8000円で計算すると1日の売上は192万円。

そこから、ダンサー経費や店舗の賃料や食材(提供されるのはペットボトルのお茶と弁当だけ)を差し引いた利益を、ざっくりと100万としても・・・

100億を回収するには27年と5ヶ月かかる計算になる。

 

それまでに飽きられないといいけど・・・・。

 

魅惑のソース焼きそば

なぜか無性に食べたくなる「ソース焼きそば

最近、ソース焼きそばのおススメ店を聞かれることがあり、

備忘録的に、まとめてみた。

 

東京・板橋区役所前「北京飯店」

f:id:powercuisine:20180205152252j:plain

 

 

大阪・大正「和み中華・威(たけ)」

f:id:powercuisine:20180205152642j:plain

 

東京・浜松町「焼きそば専門店 りょう」

f:id:powercuisine:20180205152952j:plain

 

千葉・木更津「いずみ食堂」

f:id:powercuisine:20180205153101j:plain

 

東京・中野「やきそば処 小出屋」

f:id:powercuisine:20180205153548j:plain

 

東京・日本橋「小洞天」

f:id:powercuisine:20180205153904j:plain

 

東京・五反田「梅林(メイリン)」

f:id:powercuisine:20180205153955j:plain

 

東京・高島平「あぺたいと」

f:id:powercuisine:20180205154023j:plain

 

道頓堀えびすタワー

f:id:powercuisine:20180201150703j:plain

 

2018/1/19から、道頓堀に面したドンキホーテ南向きの観覧車が再稼動しはじめました。
15分で600円を高いとみるか、安いとみるか。 ですが、再稼動のニュースはあまり広まっていないようで、夜8時頃に行ったときは、待ち時間無しで、すぐに乗れました。
道頓堀クルーズが行列出来ていることを考えると、空いていればコチラのアトラクションはおススメ。 阿倍野ハルカス、通天閣の夜景が一望できますし、カップルには良いかも。

f:id:powercuisine:20180201150826j:plain

この写真は降りた後の係員点検風景ですが、この後にお客さんは乗り込みます。

4人掛けベンチに、空いていれば2人とかで搭乗可能。

座ると、安全バーが自動的に降りてくるのと同時に、座席が180度回転して、

南側向きになります。 南側はガラス窓もあるので寒くはないです。

15分間に、隣席の彼女を口説けるか? 君の腕次第。

西ノ京を散策

大阪に出張だったのだが、半日ほど時間が空いた。

まっすぐ東京に帰るのも、勿体無いので、いつもなら京都で寄って

観光や京グルメを堪能して帰るのだが、このパターンも飽きた。

で、今回は奈良に行ってみようと思い立つ。

 

f:id:powercuisine:20180129224018p:plain

薬師寺唐招提寺の2寺がある「西ノ京」を目的地に定める。

なんと難波から38分で到着する近さ。こんなに便利だったのか。

到着後は、薬師寺を遠方から見る「大池」を目指す。 歩いて5分ほど。

東塔が修復中で覆われているが、今年完成予定なので、今年中には2つの五重塔

池舐めで見ることが出来る。

f:id:powercuisine:20180129223233j:plain

大池からは薬師寺の南側の参道を上がってくれば山門。 そして立派な西塔。

f:id:powercuisine:20180129223301j:plain

金堂。

f:id:powercuisine:20180129223327j:plain

薬師寺を堪能したら、北門から出て、北に行く。

5、6分で唐招提寺に到着。 この距離が意外に短い。

途中、蕎麦屋、うどん屋などで軽くランチって手もあり。

f:id:powercuisine:20180129223638j:plain

 

ちなみに帰りは、西ノ京から京都行きの近鉄特急に乗れる。

乗車券620円に特急料金510円が必要だが、35分で京都まで座っていけるのは、非常に便利。